ザ・フィンランドデザイン展-自然が宿るライフスタイル-

Finnish Design for Everyday Life -Patterns and Forms Inspired by Nature

 会場 : 兵庫陶芸美術館 展示棟

 会期 : 2021年9月11日(土)~11月28日(日)

 休館日 : 月曜日

 ※ただし9月20日(月・祝)は開館、9月21日(火)は休館

 開館時間 : 10:00~18:00 

   入館は閉館時間の30分前まで

豊かな自然と美しいデザインの宝庫である北欧国フィンランド。1917年にロシアから独立した後、1930年代から70年代にかけて、今も広く知られるデザイナー、建築家、アーティストたちが登場し、彼らの活躍によって、洗練されたデザインの浸透する近代的な社会が実現していきました。彼らのインスピレーションの源は、やはりこの国に広がる豊かな自然であると考えられています。

長く使い続けられているデザイン・プロダクツの数々は、「大いなる自然を忘れない」という思想に裏付けられており、そのようなデザインに囲まれたフィンランドの人々は、大地からの恩恵を生活に取り入れるライフスタイルを愛してきました。
 

本展では、フィレンソン社やマリメッコ社のテキスタイルをはじめ、同時代の絵画、アルヴァ・アアルト(1898-1976)、カイ・フランク(1911-1989)ら巨匠たちのガラス工芸や陶磁器、家具など、世界中の人々を魅了し続けるフィンランドデザインの名品が一堂に会します。

ヘルシンキ市立美術館監修のもと、タンペレ市立歴史博物館、フィンランド・デザイン・ミュージアム、コレクション・カッコネンなどのコレクション約250点と関連資料約80点を通して、白夜と極夜に象徴されるドラマティックな季節の移り変わりの中、自然に触発されながら、生きとし生けるものたちと共存するフィンランドの人々の、豊かな発想力と彩り、そして創造性にあふれた世界へと誘います。
 

 丹波の地は、カイ・フランクが1956年に訪れ、半農半陶で穏やかに暮らす丹波の人々の姿や、彼らが創り出す素朴で温かみのある陶磁器に親しみを覚え、深く感銘を受けたことでも知られています。

そこには、時空を超えて通じ合う、豊かな自然と優れた手仕事に裏打ちされた美意識が感じられるのではないでしょうか。フィンランドの人々の豊かなライフスタイルから、私たちの暮らしのためのヒントを感じていただければ幸いです。